バイヤスの基本 ヒモとループの作り方

こんにちは!
今日は邦ママ講座、番外編です。
バイヤスの基本☆総仕上げ編ってことで、リボンやループの作り方を紹介します♪
よく考えてみると、ループボタンを留めるのに使う、細~いヒモはどうやってひっくり返すのか、疑問ですよね。ちまたにはループ返しという便利グッズもあるようですが、家庭にあるもので作れます!私には目からウロコ...の作り方でした。(洋裁をされる方なら知ってるかも!?)リボンなどに使う太めのものと、ループ用の細いもの、2通り紹介します♪

①バイヤスを使って、2つ折りにした長いヒモを作ります。図のようにミシンで縫います。布を少しひっぱりながら縫うのがコツです♪
(画像が見にくいですが、太めのリボン用は下部を直角に、左のループ用は、裾を広げて縫います)
b0120851_23582386.jpg


②まず、リボン用を作ります(仕上り8mm)。
縫った下部を目打ちで少し押し込みます。それから細い棒などで(ここでは編み物用のかぎ針を使っています)押し込みます。ぎゅっと押し込んでいくと自然にひっくり返ります。
b0120851_071273.jpg

b0120851_074164.jpg

出来上がり♪

③つぎは、ループボタン用を作ります。(仕上り3mm)
画像が見づらいですが、縫い針に糸を通し、下部の縫い代に玉留めします。
縫い針の、糸を通す穴を上向きに、輪の下から上へ通り抜けます。
b0120851_0282515.jpg


④目打ちで下部をちょっと押し込んであげます。そして上から針をひっぱっていくと、、、 あれよあれよとひっくり返りました♪ これは楽しい。なんだか気分もスッとしました(^^)
b0120851_2172480.jpg

あっ②番、まったく糸見えませんねぇ。(汗)
リボンもループも、仕上げにアイロンをかけるとキレイです☆

☆出来たヒモはこんな感じでアレンジできます↓
太いヒモを作る場合は、縫い代を多めにとると、芯の代わりになります。
b0120851_0452929.jpg

左は中にニットのハギレを入れているので、モコモコと立体的な雰囲気に!
立体的に仕上げたい場合は、ヒモをひっくり返した後、ふさがっている端を少し切り落として、毛糸の束や、ニットのハギレなどをヒモ通しで通します。切りっぱなしの端は、目打ちで押し込んで出てこないように処理します。


☆ループボタンのいろいろ
b0120851_051879.jpg

ボタンの種類によって、輪の形を変えてみてください♪
カーブを作る時に、しわができないようアイロンで形づけるのもキレイに仕上げるコツ!


ここで、簡単に出来るヒモコサージュを♪

私には珍しく、レシピ工程が少ないです。エヘ。

Thank U for your time.

P.S アトリエの写真、全体的に写真が曇ってます。。。犯人はもちろんチビ助。。。やつにとってはカメラは玩具。ちょっと目を離したスキにカメラ片手に自分撮り♪(ナル傾向あり?)しかも連写するおかげでシャッターがへっこみぎみに!!レンズを触るのはやめとくれ~(泣)
[PR]

by mihothanku | 2008-06-07 02:21 | 知っ得!洋裁の基礎