タグ:ファスナー ( 5 ) タグの人気記事

12月洋裁教室 寝冷え防止に。。。キッズスリーパー♪

こんにちは!

今年最後の洋裁教室は~ コチラ↓↓



うちのチビ助は寝相が悪くて、夜中に目をさますとまず どこで寝てるか確認したりします。
布団なんてあってないようなモノ!

夏ならともかく、気温差が激しい今は風邪をひいたりしないか心配。。。
そこで飛び出しOKの便利グッズ、スリーパーの登場です♪

今回の洋裁教室のテーマとしてはニット素材のパイピング&オープンファスナーです。


ちなみにパイピングとは、バイアステープなどで生地の端を縁取りして始末をすること。
オープンファスナーとは、前開きのジャンパーに使われている、留め具が左右外れるもののことです。 
034.gif

パイピングをする時は、生地の素材が綿素材でもコツが入りますが、今回使ったマイクロボアフリースなどはもっと慎重にする必要があります。

だってパイピングをしている間に生地が伸びちゃうんだもの021.gif
そこで、要所要所印をつけて、左右の長さが一緒になるようにすることがポイントです。

今回はフリース用のソフトタッチテープというものを使ってみましたが、テープ自体は伸縮性がないので
やはりズレが生じました。。。詳しくはアトリエをご覧下さいませ♪

そしてオープンファスナー。
ファスナーの種類については以前ちょこっとご紹介しましたが(→☆)
オープンファスナーとは、ジャンパーなどによく使われる、金具が左右に分かれるタイプのものです。

つけ方はいたって簡単♪
もちろんファスナーじゃなく、スナップボタンなどでも代用できますが、うつぶせ寝をした時に痛くないものがいいと思います。

ボンボンとかつけても可愛いかなぁ~とは思いますが、同じ理由で何もつけてません。

初心者にとってマイクロボアフリースは、伸びるし、端からボロボロでてくるので大変ですが、出来ないものなんてない!!出来上がった作品は頬ですりすりしたくなる肌触りですよ~。

生地もカット売りで売ってるもので十分だし、裁断もシンプルで簡単なので、
是非チャレンジしてみてくださいね!お子ちゃまにとってもぬくぬくの冬を過ごせますよ♪

Thank U for your time.

☆お知らせ☆
ライフログに載せている 母が技術指導をした”服のお直し便利帳”、増刷が決まりました!!ありがとうございます!!
072.gif
[PR]

by mihothanku | 2010-12-05 23:02 | 邦ママ洋裁教室

11月洋裁教室 ファスナーをマスター!シンプルスカート

こんにちは!
お待たせしました。邦ママ洋裁教室 公開します!



今回は、初めてのスカート作りに挑戦です。
しかも、ミニスカート!!キャーっ(*>o<*)
ミニスカートなんて、何年ぶりかしら?
でも、今年は流行ってるし、どうせ自分で作るのだから思い切って短くしてみました。
カラータイツや、可愛い柄のタイツと合わせると、今年らしく着こなせそうですよね。
ブーツで足の太さなんかもごまかせるし(笑)

邦ママのサンプルでは、もっと丈を短くして、重ね着用にオーバースカートとして作りました。
こちらはレギンスやGパンとも相性バツグンです。
オーバースカートって、私自身があまり着たことがなかったのですが、暖かいし、さし色になるし、けっこうお気に入りで、こっちの方がよく着ています。

ブログ公開用に、実際に着て写真を撮ってみたのですが、なんせモデルが私だし、なんか洋服がきれいに見えてないような。。。 うまく編集できないもんかしら。
ってことで、今日はとりあえずやめときます。近日公開しますね!お楽しみに~♪

Thank U for your time.
[PR]

by mihothanku | 2008-11-30 22:33 | 邦ママ洋裁教室

ファスナーの長さ調節について~樹脂タイプ編~

こんにちは!めずらしく、二夜連続の更新です。(^^)

昨日に続き、ファスナーの調節方法をご紹介します♪
今日は樹脂ファスナー編です。

金属編との大きな違いは、ムシ(務歯)が細く、金属タイプのようにひとつひとつムシを外していくことができません。そこで、下止め(金具)をはずして、直接、出来上がりの長さにくっつけてしまいます。

画像はこちら↓
b0120851_2253982.jpg

①ファスナーのかみ合わせが外れないように、必ず糸でムシを縫い止めます。
  ファスナー裏側に、チャコで出来上がり線を書いておきましょう。
②下止めがホチキスの針のようにくっついているので、目打ちを使ってそっとうかせます。(くれぐれも力を入れすぎないように!)
③裏から見たところ。下止めが片側から外れてきました。
④下止めが完全に外れました。
⑤出来上がり線のところに外した下止めをはめます。
⑥ムシの外側にぐぐっと押し込むと、ホチキスの針のように、金具が表に出てきます。
⑦ペンチで押さえ、しっかりと固定します。
⑧出来上がり♪

下止めが少し曲がっちゃったけど、ファスナーを縫えば見えなくなるから、ま、OKでしょう(^^)金属編より細かい作業ではありますが、こっちの方が簡単だったかなァ!?

下止めをつけなおすまでは、ファスナーは簡単に左右に分かれてしまいます。このタイプは修復は不可能かもしれませんので、①の作業はとても大切になってきます。
。。。と、ここまで書いて気づいたのですが、出来上がり線のちょっと下に、糸でムシを固定した方が、左右に開きにくく、もっと安心かもしれません。

そうそう、いらないお洋服や小物を処分する時、ファスナーは切り取っておくのもいいですよ!!ファスナーが壊れていなければ、十分再利用できます(^0^)

次回は、いよいよ邦ママ講座UPです。お楽しみに♪♪

Thank U for your time.
[PR]

by mihothanku | 2008-09-27 23:45 | 知っ得!洋裁の基礎

ファスナーの長さ調節について~金属タイプ編~

こんにちは!
前回、ファスナーの種類について簡単にご紹介しました。今日はファスナー続編です♪

長さも幅も豊富にあるファスナーですが、長さの調節は自分でもできるんですって(^^)
母が洋装店に勤めていた頃は、長ーいファスナーが巻いてあって、必要な長さに切っては作り、切っては作りを繰り返していたそう。当時はカネのファスナーばかりで、色もそれほど多くなかったようですよ。

でも、長さの調節ってほんとに簡単に出来るのかしら?早速チャレンジしてみました♪

◇必要な道具◇
目打ちと先の細いペンチ↓
b0120851_23323042.jpg


今回は金属性のファスナーの調節の方法です。
b0120851_23571210.jpg

①上止めの部分を調節します。チャコで出来上がり線をひきます。
②目打ちで上止め※をうかすように外します。これは後で取り付けるので、こわれないように気をつけてください。(※上止め・・・ファスナーを止めるための金具)
③チャコで印をつけたところまで、ペンチで金具をはさんで抜いていきます。ちょっと固いですが、コツをつかむとスッスッと抜けます。
④片側が外れました。もう片方も同じように外します。
⑤②で外した上止めを、はめて、ペンチでぎゅっと押さえます。出来上がり♪♪

やった!私でもできました~♪(^^)V うん、けっこう簡単!
でも、気をつけなければいけないことがいくつかあります。
上止めをはずした時は、スライダー(ムシをかみ合わるための引き手のついた金具)が抜けないように下ろしておいてください。スライダーが抜けてしまうと、修復が大変ですっ。
あと、残念ながらあまり太いものは調節できません。。。写真はムシの幅が5mm程度の一般的な細さのものです。

それと、思い切り力をこめて金具をはずそうとすると思わぬ怪我をしてしまうので、気をつけてくださいね!
ついでに樹脂製のファスナーの調節もチャレンジしてみました。方法がちょっと違うので、次回へ続きます。

Thank U for your time.
[PR]

by mihothanku | 2008-09-27 00:16 | 知っ得!洋裁の基礎

ファスナーの種類

こんばんは!昨夜は肌寒くてよfく眠れなかったのに、日中はまだ暑い。。。(-_-)
気温の変化が激しいです。
チビ助は、ここ数日やたらと目をしばたくようになり、病院に行ったらアレルギー症状が出ているとのこと。この季節に多いみたいです。私の肌もかなり敏感なので、あちこち反応がでています。皆さんも、風邪などひかないように気をつけてくださいね。

さて、今日はファスナーについて簡単に紹介します。
ちまたに売られているファスナーでも相当な種類があると思いますが、
よく使うタイプはこちら↓
b0120851_2259636.jpg

どれも母のファスナーボックスに入っていたものなので、新品ばかりではありませんが・・・

右から、
①オープンファスナーとよばれる、留め具が左右に分かれるタイプ。ジャンパーなどの開閉に使われます。
②太めタイプ。むし(務歯)※の幅が広く、しっかりしているので、カバンなどに。
③樹脂タイプ。YKKではフラットニットファスナー、エフロンファスナーといいます。薄手の生地に向き、スカートなど用途が広いです。金属製では重たい時に。テープとむし(務歯)※の色がが同色なので、目立ちません。
④金属タイプ。綿の生地に適しています。
⑤コンシールファスナー ファスナーを見せたくない時に。シフォンのトップスやスカートなどに。

※ファスナーのかみ合わせの部分をとむし(務歯)といいます。

こんなのもあります。特殊タイプ↓
b0120851_2350387.jpg

右は、ジーンズやズボン用に曲っています。YKKではミトラファスナーといいます。
左は、スライダーの引き手のデザインが違います。

う~ん、こんな感じでしょうか。ファスナーの用途は様々ですから、もちろん上にある限りではありません。この際だから、もっとファスナーについて知りたい!という方は、コチラへ。→YKKのHP

③、④は、初心者でも簡単に長さ調節ができます。
調節の仕方は次回紹介しますね♪

Thank U for your time.
[PR]

by mihothanku | 2008-09-24 00:54 | 知っ得!洋裁の基礎