ミシンのトラブル 生地のツレ

こんにちは!今日も風が強くて、なんと干していたふとんがベランダに落ちてました!!!2階なので、ベランダの外に落ちなくてよかったぁ~。そんなこと、考えただけでコワイです!008.gif

さて、前回、邦ママちょこっと講座ということで、針のトラブルについて書きました。
前回のトラブルは、縫ってる途中にツレて、生地に横線が入ってしまった!ってことでしたが、ツレる原因は他にもあるみたい。。。邦ママに聞いてみました♪

生地に横線が入るのは、ほぼ、針の状態が悪いせいですが、
縫い途中に縫い目がキューってツレてしまうことも、きっとありますよね!?
そんな時、考えられる原因は、

①上糸と下糸の調子があってない。
・・・縫い目をよく見てみてください。上糸が強すぎてませんか?強いというのは、表側の布がキューっとつれていたり、下糸が見えすぎている感じです。
ミシンの手引きに、糸調子の調節の仕方があると思うので、確認します。

とは言え、私のミシンはイマドキのコンピュータミシン。糸調節は、基本的に自動になっていますが、特殊な生地を縫う時のみ、糸の調子を変えるようになっています。

糸調子を変えてみて、改善されなければ、ボビンケースがゆるすぎるのかもしれません。
ボビンケースにも、糸調子ネジがあるのですよ~。ネジを回すことによって強くしたり、弱くしたりできます。

でも、邦ママの経験上、大体は上糸がつれているのが原因で、ボビンを調整することは少ないそうです。

②油ぎれ
これもミシンの手引きに方法がのっているかと思いますが、指定部分にちょこっと油をさすだけで、改善されるかも!?

もし、縫い目がおかしいなぁ、と思ったら、確認してみてくださいね。

Thank U for your time.
[PR]

by mihothanku | 2009-04-27 14:34 | 邦ママ ちょこっと講座